logo

Blog

2017/08/13

コンバインドプレーン理論の習得にあたって(基礎編 ダウンスイングの腕の動き)

コンバインドプレーン・アカデミーの公式ブログです。

体と腕の無理のない動きを作るための基礎について、話をさせて頂いております。バックスイング・ダウンスイング・フォロースルーという3つの局面における体の回転と腕の動きを、どうすれば効率良く習得できるかを考えていきたいと思います。今回もダウンスイングの腕の動きの基礎を作る(ダウンスイングの左腕の動きの習得)です。

 

<トントンスイング腕バージョン>

ダウンスイングの腕の動きを覚えるドリルとして、トントンスイングがあります。

トップオブスイングの位置から腕の動きだけでダウンスイングの方向へクラブを2回動かし、3回目の振り下ろしに合わせて体を回転させてフルスイングを行う練習ドリルです。

 

3.ダウンスイングの前半ではアンコックは行われない

両手を離してグリップして、アンコックを遅らせる感覚が習得出来ます。通常のスイングに取り入れてみましょう。

トントンスイングでも練習してみてください。

 

4.ダウンスイングではクラブを縦プレーン上に振り下ろす

トントンスイングでクラブを振り下ろす位置は、土踏まずの上に行う。通常のダウンスイングも同様の感覚で行ってみましょう。

CMP

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。
ランキングに参加しておりますので、応援してく
ださる方はクリックしていただければと思います。
↓↓

ゴルフランキング

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
コンバインドプレーンゴルフスクール
http://cp-golfschool.com/
住所:〒158-0097 東京都世田谷区用賀
4-5-7 ルビーノロトンダ2F
TEL:03-6805-7519
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇