当スクールインストラクターの

ブログ

ホームブログ【必見!】アプローチ技術向上 その3

才川 淳インストラクター投稿記事 [用賀認定校]

【必見!】アプローチ技術向上 その3

いつもご覧いただきありがとうございます。
コンバインドプレーンゴルフスクール 用賀校(水曜日担当)
レアレア三鷹 認定校 担当の 才川です。

スコアメイクのカギを握るショートゲーム。アプローチ技術向上のためのポイントをご紹介いたします。

 

近距離のアプローチでは肩や腰で体の回転を主体にしたスイングで手首を固定させて行います。
手先の動きだけで打とうとするとインパクト時のフェース面や打点を狂わせてしまい安定したショットになりません。

そこで今回は

 

クラブの重さに注意した左手首固定です。

 

アプローチで使用するクラブは比較的に重量のあるものになっています。

そのため、スイングの切り返し時やインパクト時にクラブの重さによって「ずれ」が発生しミスショットにつながってしまいます。

アドレス時の左手首の角度がスイング中に変わってない事を9-3スイングでチェックしてみましょう。

 

 

アドレス時の左手首の角度が

                                ↓

9-3スイングのトップオブスイングで

このような左手首の角度なら

                              ↓

このような左手首の角度では

バックスイングの回転で背中側にクラブヘッドがずれています。

                                 ↓

そして

インパクト時の左手首の角度は

このようなインパクトであればOK!です。

 

インパクト時の手首の角度が不安定な時には、8-4スイングによる「つぶし打ち」と「すくい打ち」ドリルを練習してみましょう。

 

「つぶし打ち」ドリル

8-4スイングのインパクト時に極端なハンドファーストで打ってみます。

左手首の角度が伸びすぎてインパクトしている感覚がわかります。

クラブの重さで振り遅れる場合はこのインパクトになります。

 

「すくい打ち」ドリル

8-4スイングのインパクト時に極端なハンドレイトで打ってみます。
左手首の角度が曲がりすぎてインパクトしている感覚がわかります。

振り遅れるのを嫌い、右手を強く使う時にこのインパクトになります。

 

この練習では極端な手首の角度を作ってインパクトする事により自身がミスする傾向を知ることができます。

つぶし気味にインパクトする傾向にある場合はすくい打ちを、すくい気味にインパクトする傾向にある場合はつぶし打ちを練習することにより、ちょうどいいインパクトを作ることができます。

 

この練習でクラブの重さに注意した正しい左手首の使い方を習得してください!

PAGE TOP