当スクールインストラクターの

ブログ

ホームブログヘッドスピードアップドリルその2

才川 淳インストラクター投稿記事 [用賀認定校]

ヘッドスピードアップドリルその2

いつもご覧いただきありがとうございます。
コンバインドコンバインドプレーンゴルフスクール用賀校(水曜日担当)
レアレア三鷹 認定校 担当の 才川です。

 

 

スクールでもよく取り入れているヘッドスピードアップドリルのひとつ「手首のトントンスイングドリル」をご紹介いたします。

 

 

前回は体の回転速度を上げるドリル「左脚1本スイングドリル」を紹介しました。

このドリルで回転速度が上がってくると、トップショットいわゆるトップボールが多くなります。

これは体の回転速度に対して腕の振り下ろし速度がおそくなり、クラブが下がりきらないでヒットしてしまうからです。

 

そこで今回は「手首のトントンスイングドリル」でしっかりと振り下ろせる「手首のアンコック動作」の練習です。

 

コンバインドプレーンスイングの「9-3スイング」で行います。

①9-3スイングのトップオブスイングで腕を絞り固定します。(写真の様にピンクのボールを挟んで腕を絞ります)

②腕を固定したまま左手首によりクラブを下げます。(上の写真)

③下げられたら、次は右手首によりクラブを上げます。

 

④これを2回繰り返して3回目に体の回転を合わせてフィニッシュします。

「トン♪トン♪~クルッと」リズムをあわせてスイング。

左手首で下げて、右手首で上げる。この手首の使い分けが重要です。決して逆さまに動かさないようにすることと、クラブヘッドを縦プレーン上に動かすようにしてください。

 

 

ダウンスイングの腕は

1、左腕を主として引き下ろし

2、右ひじの伸展

3、手首のアンコック

という3段階で振り下ろしクラブヘッドのパワーをボールに伝えることで飛距離を得ます。

今回のドリルで3のアンコック動作ができるようになったら、L字スイング、コの字スイングと徐々に大きくスイングしてみましょう。

 

この正しいアンコック動作により

1、ヘッドスピード向上により飛距離アップ

2、ちょうどいいタイミングでのアンコック動作でトップショットの抑制

が習得できます。

実際のダウンスイングは1秒足らずと瞬時におこなわれるため、無意識にこの動作ができるように繰り返し練習することが大切です。

PAGE TOP