美しいフォームと効果

ドリル動画

ホームドリル動画バックスイング時のコック動作とリフトアップ動作の習得

CPBFL 基本スイング作り

バックスイング時のコック動作とリフトアップ動作の習得

手首と肘の動き

動画時間:2分06秒

習得効果
安定性方向性直進性飛距離
部位の補正
右腕の動き、左腕の動き
ミスショットの対応
スライスボール、フックボール
コース状況の対応
50Y前後のアプローチショット、スイングのレベルアップ

右手首のコック動作によって左腕は地面と水平になります。その後、右肘の動きで左腕は更に持ち上げられます。これが、バックスイングのクラブの振り上げ動作です。この右手首と右肘が中心となる動きによって、ダウンスイングでは左腕を力いっぱい振り下ろすことができるようになります。また、この右手首と右肘の動きはフォロースルーでも同じように行われクラブを振り上げを行いますが、体の回転で発生する遠心力によってクラブが外側に引っ張られるため、バックスイングより間延びしたコック動作とリフトアップ動作になります。この体操で正しい手首と肘の動きを覚えましょう。

トントンスイングと類似するドリル

類似ドリル

関連情報

RELATED INFORMATION

  • フランチャイズ認定スクール募集中
  • 筑波大学博士厳選ネットショップ
  • ゴルフスクールお役立ち情報
  • メルマガ会員募集中
  • 楽しい!イベント情報

PAGE TOP