美しいフォームと効果

ドリル動画

ホームドリル動画バックスイングのクラブヘッドの位置

バックスイングの腕の動きを作る

バックスイングのクラブヘッドの位置

クラブの正しい引き方

動画時間:5分14秒

習得効果
安定性方向性直進性飛距離
部位の補正
体幹部の動き、基本スイング構築
ミスショットの対応
ダフリショット、トップショット、プッシュボール、プルボール
コース状況の対応
10Y前後のアプローチショット、30Y前後のアプローチショット、50Y前後のアプローチショット

バックスイング時にクラブは、多少の個人差はあるものの、体の回転によって8時のポジションぐらいまで動かされ、そこからコック動作によって上方へと運ばれます。この動きでは、クラブヘッドはアドレスの位置から円軌道を描くようにスイング始動を行いますが、この8時の位置は腕や手の動きで決まるのではなく体幹の動きによって決まります。腕や手の動きではバックスイング軌道は安定しませんが、体幹部を動かす大きな筋肉によるバックスイングは一定の動きがしやすいため軌道が安定し、それに伴いショットも安定してきます。

トントンスイングと類似するドリル

類似ドリル

関連情報

RELATED INFORMATION

  • フランチャイズ認定スクール募集中
  • 筑波大学博士厳選ネットショップ
  • ゴルフスクールお役立ち情報
  • メルマガ会員募集中
  • 楽しい!イベント情報

PAGE TOP