美しいフォームと効果

ドリル動画

ホームドリル動画左グリップが握る場所

グリップとアドレスの準備 Ⅰ

左グリップが握る場所

同じ位置を握ることでヘッド軌道の再現性を高める

動画時間:2分58秒

習得効果
安定性方向性直進性飛距離
部位の補正
基本スイング構築、左腕の動き
ミスショットの対応
トップショット
コース状況の対応
10Y前後のアプローチショット、スイングのレベルアップ

飛距離を伸ばすためにはシャフトを長く持った方がいいのですが、左グリップの肉厚の部分がグリップエンドからはみ出してしまうと左腕の力がクラブヘッドにつたわりにくくなるのでかえって飛距離は落ちてしまいます。一方、短くすぎる位置を持つとしっかりは握れるもののスイングアークが小さくなってしまうので飛距離は望めません。また、短かすぎる場合は毎回同じ場所を持つことができるのか、という問題が発生します。この動画で説明されている場所にクラブシャフトをあてがいましょう。

トントンスイングと類似するドリル

類似ドリル

関連情報

RELATED INFORMATION

  • フランチャイズ認定スクール募集中
  • 筑波大学博士厳選ネットショップ
  • ゴルフスクールお役立ち情報
  • メルマガ会員募集中
  • 楽しい!イベント情報

PAGE TOP