美しいフォームと効果

ドリル動画

ホームドリル動画アドレス時の胸張り姿勢と肘の絞りのバランス作り

CPBFL アドレス作り

アドレス時の胸張り姿勢と肘の絞りのバランス作り

肘の絞りすぎと猫背に注意

動画時間:2分01秒

習得効果
安定性方向性直進性飛距離
部位の補正
体幹部の動き、右腕の動き、左腕の動き
ミスショットの対応
ササリショット、シャンクショット、ダフリショット、トップショット
コース状況の対応
スイングのレベルアップ

スイング中、上半身は背骨を軸として回転します。そのためアドレス時の上半身には回転軸がしっかりと作れていることが重要であり、作れればスムーズな回転動作が可能になり飛距離も伸ばせます。ただし、スイング中に腕を正しく使うための両肘の向きのセットも重要なので、この体操で大胸筋の外側の筋肉による「左右の肘の絞り」と背中の筋肉と顎の筋肉で作る「胸張り姿勢」のバランス感覚を身につけましょう。

トントンスイングと類似するドリル

類似ドリル

関連情報

RELATED INFORMATION

  • フランチャイズ認定スクール募集中
  • 筑波大学博士厳選ネットショップ
  • ゴルフスクールお役立ち情報
  • メルマガ会員募集中
  • 楽しい!イベント情報

PAGE TOP