進化した私の

before・after

ホームbefore・afterルミさん

オーバースイングの矯正

ルミさん

  • ゴルフ歴:5年
  • スクール:用賀校
  • 当校受講歴:4年
  • 受講ペース:週1日50分

ゴルフのキャリアはあったのですがなんとなくやっていたので100を切ることができませんでした。そこで、コンスタントに100が切れるように頑張ろうと思い一念発起しでコンバインドプレーン・ゴルフスクール用賀校の門をたたいました。しばらくは結果が出せずにいましたが、2年を過ぎたあたりから弾道が変わり100切りどころか80台がでるようになり現在のベストスコアはフロントティーで82、レディースティーでは81です。いまでは、ハーフ30台をめざして練習を続けています。

BEFORE

AFTER

オーバースイングを直す

ルミさんの場合、トップオブスイングで背中が目標方向にそってしまうために、トップオブスイングでクラブシャフトが目標方向に大きく傾く「オーバースイング」になっていました。このためダウンスイング時のクラブヘッドの遅れが大きくなり、長いクラブの場合は、クラブが振り遅れてボールは右方向に、短いクラブの場合は、右腕で無理やrヘッドを追いつかせようとするためプルボールを打っていました。

Instructor

安藤秀

[用賀]

Instructor

安藤秀

[用賀]

使

腕のオーバースイングではなく、体幹部のオーバースイングの場合、お腹の下の筋肉である腸腰筋(腿上げで使う筋肉)を緊張させたバックスイング回転を覚え、その時の体幹部を崩さないように右腕でクラブを振り上げることで直せます。

これによって通称「ギッタンバッコン」と言われる体の回転が消えスムーズな横回転できるようになりました。そして、ヘッドスピードが上がり飛距離も伸びて、短いクラブのひっかけも消えたのでいいスコアが出るようになったのでしょう。

矯正に使ったドリル

進化した私の

before・after

  • アドレス時の上体の前傾角度

    スイング美人

    5

    • 星
    • 星
    • 星
    • 星
    • 星

    30

    • 星
    • 星
    • 星
    • 星
    • 星
    飛距離
    180 yd
    218 yd
  • アドレス時の上半身の前傾角度と首の角度の習得

    スイング美人

    30

    • 星
    • 星
    • 星
    • 星
    • 星

    70

    • 星
    • 星
    • 星
    • 星
    • 星
    スコア
    130
    115
    飛距離
    160 yd
    180 yd
  • トップオブスイングの腰の位置の習得

    スイング美人

    80

    • 星
    • 星
    • 星
    • 星
    • 星

    89

    • 星
    • 星
    • 星
    • 星
    • 星
    スコア
    115
    87
    飛距離
    220 yd
    230 yd
  • リフトアップ動作の習得

    スイング美人

    64

    • 星
    • 星
    • 星
    • 星
    • 星

    90

    • 星
    • 星
    • 星
    • 星
    • 星
    スコア
    100
    87
    飛距離
    180 yd
    210 yd
  • ダウンスイングの腕のタメの習得

    スイング美人

    35

    • 星
    • 星
    • 星
    • 星
    • 星

    50

    • 星
    • 星
    • 星
    • 星
    • 星
    スコア
    180
    130
    飛距離
    100 yd
    138 yd

PAGE TOP