美しいフォームと効果

ドリル動画

ホームドリル動画アドレス時の左腕のポジション作り

CPBFL アドレス作り

アドレス時の左腕のポジション作り

左腕と左胸の関係

動画時間:1分16秒

習得効果
安定性方向性直進性飛距離
部位の補正
基本スイング構築
コース状況の対応
スイングのレベルアップ

アドレス時の左腕は、裏側の筋肉である上腕三頭筋と広背筋で左胸に引き付けられています。これに対して、胸も張るようにして左腕との密着感を出します。これによってダウンスイング時に左腕をボール方向ではなく左胸方向に下す感覚がわいてきます。このようなダウンスイングができればボールヒットの確率は高まるのでアドレス時にしっかりと左腕のポジションを決めておくことが重要です。

 

トントンスイングと類似するドリル

類似ドリル

関連情報

RELATED INFORMATION

  • フランチャイズ認定スクール募集中
  • 筑波大学博士厳選ネットショップ
  • ゴルフスクールお役立ち情報
  • メルマガ会員募集中
  • 楽しい!イベント情報

PAGE TOP