当スクールインストラクターの

ブログ

ホームブログ【必見!】アプローチ技術向上のポイントその2

才川 淳インストラクター投稿記事 [用賀認定校]

【必見!】アプローチ技術向上のポイントその2

いつもご覧いただきありがとうございます。
コンバインドプレーンゴルフスクール 用賀校(水曜日担当)
レアレア三鷹 認定校 担当の 才川です。

 

スコアメイクのカギを握るショートゲーム。アプローチ技術向上のためのポイントをご紹介いたします。

 

近距離のアプローチでは肩や腰で体の回転を主体にしたスイングで手首を固定させて行います。

手先の動きだけで打とうとするとインパクト時のフェース面や打点を狂わせてしまい安定したショットになりません。

 

そこで今回は

 

右手首固定腕シャフト角度の安定です。

 

 

インパクト時、クラブヘッドには地面に向かって下方向に力がかかります。

この力に抵抗出来ないと手元が浮いてしまいミスにつながります。

右手首の役目はクラブを支えられるグリップ固定の仕方がポイントになります。

 

①グリップ時、両手の当てがい角

・右手をグリップする時、左手親指に右手生命線(写真右手水色部分)にあうように握ります。

 

 

②右手人差し指はかぎ型にして握りシャフトを下から支えるようにします。

(写真 かぎ型にした人差し指の赤い部分が支えます)

 

③固定感覚の練習は8-4スイング、9-3スイングの「ハイティーアップドリル」を行います。

高めのティーに乗せた球フェースの小さいユーティリティークラブで打ちます。

ボールとフェース面の高さが同じになるようしますアドレスにします。

右手首の力がシャフトを支えてる感覚でアドレスしていることを確認。

 

右手首の支え力が変わらないようにスイング。

・下方向に伸びるとクラブヘッドは球の下をくぐり抜けてしまいます。

・同時に右腕も下に伸ばすことは厳禁です。右肘がやや曲がっているくらいにインパクトする感覚も大切です。

 

前回の左手首の固定と合わせて練習することにより、上下のミスの軽減につながります。ラウンド中に多少悪いライに球があっても自信を持ってショットできるようになりましょう!

PAGE TOP