当スクールインストラクターの

ブログ

ホームブログアプローチ技術向上のポイント

才川 淳インストラクター投稿記事 [用賀認定校]

アプローチ技術向上のポイント

いつもご覧いただきありがとうございます。
コンバインドコンバインドプレーンゴルフスクール用賀校(水曜日担当)
レアレア三鷹 認定校 担当の 才川です。

 

スコアメイクのカギを握るショートゲーム。アプローチ技術向上のためのポイントをご紹介いたします。

 

近距離のアプローチでは肩や腰で体の回転を主体にしたスイングで手首を固定させて行います。

手先の動きだけで打とうとするとインパクト時のフェース面や打点を狂わせてしまい安定したショットになりません。

 

そこで今回は

 

左手首固定腕シャフト角度の安定です。

 

左グリップの握り

腕シャフト角の固定にポイントとなる左手グリップは

左手の肉厚部分グリップを上からしっかりと押さえつけてることです。

 

正しく握れたかどうかは次の写真の様に

一度握ったら、人差し指でシャフトを支えて他の指を離します。

その時に左手肉厚部分でグリップを上から押さえられているとOKです。

アドレス時に作った

左腕とクラブシャフトの角度が

9-3スイングのトップオブスイングでも

腕シャフト角が変わらずに固定されている。

9-3スイングのフィニッシュでも

腕シャフト角が変わってない事を確認してください。

 

もちろんインパクト時も変わらないことを意識してください。

 

手首は多方向に動きますので固定の仕方が大変重要になります。腕シャフト角はインパク時にクラブヘッドが地面方向に落ちる力が働くため固定されていないとクラブヘッドが地面に突き刺さったり、トウシャンクやネックシャンクといったミスが発生してしまいます。このようなミスが多い時には腕シャフト角の練習をしてみてください。

PAGE TOP