当スクールインストラクターの

ブログ

ホームブログヘッドスピードアップドリル

才川 淳インストラクター投稿記事 [用賀認定校]

ヘッドスピードアップドリル

いつもご覧いただきありがとうございます。

用賀校(水曜日担当)

レアレア三鷹 認定校 担当の 才川です。

https://www.lealea.jp/culture/mitaka_other.html

今回はスクールでもよく行っている

ヘッドスピードアップドリルのひとつ

「左脚1本スイングドリル」

をご紹介いたします。

 

コンバインドプレーン理論のゴルフスイングでは、体の横回転を行う間に

腕が縦方向に動くと考えられており、「腕の縦の動き」と「体の横回転」を合成して

スイング作りをします。

 

飛距離アップを目指すには、腕の振り下ろし速度と体の回転速度を上げて

ゴルフクラブのヘッドスピードアップをしていきます。

 

その体の回転速度を上げる方法のひとつ、「左脚1本スイングドリル」は以下のように

行います。

 

 

・右足踵を上げて左脚重心で構えます。

・ボール位置は通常より左側に。

・左脚重心のままバックスイングを始動します。

この時右足踵は上げたままで。

 

 

・左脚重心のトップオブスイングから左脚重心のまま

フィニッシュまで振り抜きます。

 

この時意識していただきたいのは、写真の左脚外側(四角い付箋を貼ってあるところ)を

自身の後ろ側に向けるように振り抜くことです。

左大腿を後方に向けるように動かして、腰そして体幹を捩じることで一気に回転が

行われ、フィニッシュまで振り抜きます。

このスイング時の注意点として

・左膝の角度はアドレス時と同じようにフィニッシュする(伸ばさない)。

・左爪先の向きも変わらないように振り抜く。

・右膝は左膝の前に並べるようにフィニッシュします。

 

スイング時は上手にボールを打つ事ではなく、左脚の大腿を意識して動かすことです。

これにより、体の回転の速度が上がっていきヘッドスピードアップにつながっていきます。

 

このドリルはボールを打たない素振りで反復しても効果があります。

また、ゴルフをする前のウォームアップとして取り入れることで、いつものパフォーマンス

を出せるようにもなります。

この冬場のトレーニングとして取り入れていただき、シーズン時に飛距離アップが出来るように

実践してみてはいかがでしょうか。!

PAGE TOP