当スクールインストラクターの

ブログ

ホームブログササリショット

安藤秀インストラクター投稿記事 [用賀]

ササリショット

このミスショットはスイング最下点がボールより深くなってしまう。そのため、たとえ正しくボールヒットできたとしても、その後クラブヘッドは地中深く通過するため振り抜きが悪くなり若干飛距離が落ちてしまう。ダフリショットと併発するとクラブヘッドが手前の地面からボールの下をえぐってしまうため飛距離が全くでない。

 

ミスショットの原因をクリック(タップ)していただければ矯正動画が見れます。 

 

1.右肩が突っ込むために発生するササリショット

このタイプのゴルファーはダウンスイング時にクラブヘッドを右腕でボールに向けて強く振り下ろそうとするために右肩がボール方向に出てしまいます。そのためダウンスイング以降、上体がボールの方向に出てしまいフィニッシュバランスが崩れてしまいます。

 

2.ダウンスイングで右肘が伸びるために発生するササリショット

このタイプのゴルファーはダウンスイング時に右腕を伸ばしてクラブヘッドをボールに強くぶつけようとします。そのためクラブをフィニッシュ姿勢まで振り抜くことができずフォロースルーの途中で止まってしまったり、右肘が伸びているためフォロースルーで右肩が上がりアドレス時の背中方向にバランスを崩してしまします

 

3.ダウンスイングで右手首が伸びるために発生するササリショット

このタイプのゴルファーはダウンスイング時に右手首でクラブヘッドをボールに強くぶつけようとします。この動きは右手の親指でクラブヘッドを下げようとする動きになるのでフィニッシュ時のグリップでは右手の生命線が左親指の曲線から離れた形になってしまいます。この右手首の動きによってクラブの先端(トゥ)は地面に刺さってしまいクラブヘッドの振り抜きの悪いフィニッシュ姿勢までたどり着くことができないスイングになってしまいます。

PAGE TOP