当スクールインストラクターの

ブログ

ホームブログセントラル用賀校(土曜日、日曜日)、MICK染谷のアクティブブログ、⑤「シャフト倒し打ちで切り返しのタイミングを感じる!!!」

染谷 実インストラクター投稿記事 [用賀荻窪認定校]

セントラル用賀校(土曜日、日曜日)、MICK染谷のアクティブブログ、⑤「シャフト倒し打ちで切り返しのタイミングを感じる!!!」

皆さん、こんにちは。コンバインドプレーンゴルフスクール❰MiCK 染谷のアクティブブログ❱です。

コンバインド理論とは3枚のスイングプレーンを結合(コンバインド)させたスイングイメージを基にしてゴルフスイングを習得するという考え方です。そして、これらのプレーンはそれぞれ『体の横の回転」と「腕の縦の動き」の合成でなりたっているのでこの理論に基づいて各局面の腕と体の動かし方を身につければ自然に正しいゴルフスイングが習得できることになります。

前回は④「シャフト倒し」についてお話をしました。今回は⑤「シャフト倒し打ちで切り返しのタイミングを感じる」についてお話をします。

 

⑤「シャフト倒し打ちで切り返しのタイミングを感じる」
バックスイング時のクラブの振り上げは、「右手首がクラブシャフトを立て、右肘を軽く曲げなかまら上げる」という動作なねで大きな力は要りません。一方、ダウンスイング時の左腕は、クラブヘッドのスピードを上げるための引き下ろしで大きな力が必要となります。ここでは、シャフト倒し打ちで「バックスイングの右腕は力まず、ダウンスイングの左腕は目一杯力む」という力配分を習得し、通常のスイングに導入しましょう。

■シャフト倒し打ちは、L字からコの字で右腕を軽く曲げてシャフトを倒して、トップオブスイングからダウンスイングへの切り返しで左腕でクラブを下ろして理想的な軌道でインパクトを迎えるドリルです。この練習で、右腕をリラックスさせて軽く曲げてクラブを上へ引き上げて、左腕を目一杯力んでクラブを引き下ろす感じを掴み、「右で上げて、左で下げる」左右の役割を確認しましょう。L字からコの字のトップオブスイングでスムーズにシャフトを倒せないと左右のバランスが悪くなり、ダフリショットやシャンクなどのミスショットを誘発してしまいます。

 

L字のバックスイングから…

コの字で右腕を軽く曲げてシャフトを倒して、トップオブスイングからダウンスイングへの切り返しで左腕でクラブを下ろして理想的な軌道でインパクトを迎えるドリルです。

 

「コンバインドプレーン」理論に基づくゴルフスイング構築法フォーム作りより)

最後まで読んで頂きまして、ありがとうございます。

CPAあけぼのゴルフスクール八王子みなみ野校(月曜日、火曜日)、ザバス鶴見校(木曜日)、セントラル用賀校(土曜日、日曜日)MiCK 染谷でした。

PAGE TOP