当スクールインストラクターの

ブログ

ホームブログ手首の縦方向の動きを覚える「L字スイング」 コンバインドプレーン理論に基づく段階的学習法7

安藤秀インストラクター投稿記事 [用賀]

手首の縦方向の動きを覚える「L字スイング」 コンバインドプレーン理論に基づく段階的学習法7

こんにちは! コンバインドプレーンゴルフスクール世田谷用賀本校 火、金、土、日曜日担当の安藤秀です.。

 

前回までコンバインドプレーン理論に基づく段階的指導法の第2段階である「9-3スイング」で習得すべき「体の動きかし方」と「スイング動作」について説明してきました。

 

簡単に復習しておくと、「8-4スイング」では「肩の前傾軸回転」を習得し、ゴルフスイングの「ボールヒット動作」と「スイングスタート動作」として使えるようにする一方、「9-3スイング」では「腰の左脚軸水平回転」を習得し、ゴルフスイングの「ターン動作」として使えるようにする、ということでした。

 

これに続いて今回からは「L字スイング」を学びます。このスイングで身につける動きは「手首の縦方向の動き」であり、これをゴルフスイングの特徴とも言える「コック動作」として使います。

 

まず体とクラブの位置関係からですが、L字スイングはトップオブスイングでは左腕とクラブが、フィニッシュでは右腕とクラブが、それぞれL字形と左右の反転したL字形を形成するようにクラブを動かすスイングです。そして、この時のクラブは、共にコンバインドプレーン・イメージの「縦プレーンライン」上で垂直に立っています。

 

縦プレーンラインの細かい説明は次回です。

 

つづく

 

最後まで読んでいただきありがとうござます! コンバインドプレーンゴルフスクール世田谷用賀本校 火、金、土、日曜日担当の安藤秀でした。

標準的なスイングと個性的なスイング51

 

  1. ※初回0円で体験できます。コースで失敗しないゴルフの近道

    最近は様々なゴルフススクールが増えました。各スクールで教え方は様々ですが「ゴルフの基本」を身につけ「綺麗なスイング」を習得し「コースでの問題」や「悩み」を解決し「スコアアップ」を目標とするのであれば「理論的少人数制個別レッスン」のコンバインドプレーンゴルフスクールがおすすめです。

    コンバインドプレーンゴルフスクールは、各校で「無料体験レッスン」があります。まずは、体験レッスンでゴルフの基本を学ぶのもお得だと思います。

https://cp-golfschool.com/trial/

PAGE TOP